労働安全衛生方針(OHSAS18001)

■OHSAS18001規格

労働安全衛生方針(OHSAS18001)

労働安全衛生方針

 常盤工業株式会社は、全ての業務活動に於いて人命尊重を
基本理念としそれを自覚し、「全ての災害は防ぐ事が出来る」
との信念のもとに、労働安全衛生水準の向上を目指し、
以下の活動を行います。

(1) 当社の管理下にある全ての人々が健やかで安全に
  働ける為に、労働安全衛生マネジメントシステムを構築します。

(2) 建設業に伴う労働安全衛生への影響を的確に把握し、
  技術的、経済的に可能な範囲で、労働安全衛生目標を
  定め労働安全衛生マネジメントシステムの継続的改善
  に努めます。

(3) 労働安全衛生に関する法律、条例、顧客が
  求める基準並びに社内規則を順守します。

(4) 全員参加で、労働安全衛生マネジメント
  システムを運用します。


                   平成25年07月01日
                   常盤工業株式会社
                代表取締役 大窪 利昭


認証取得年月日
2014(平成26年)年01月24日         MSA-SS-207
審査機関
株式会社 マネジメントシステム評価センター(略称:MSA)
認定範囲
JAB R/CP200付表の2認定範囲分類の項目のうち
[16 コンクリート、セメント、石灰、石こう他][28 建設]
[34 エンジニアリング、研究開発]
登録範囲
舗装及び土木構造物の施工並びに建築物の設計及び施工並びに
合材の設計及び製造
適用規格
OHSAS18001:2007
登録範囲(サイト)
・常盤工業株式会社 本社各部門(機材部を除く)、技術研究所
・東北、関東、東京、諏訪、中部、北陸、大阪、広島、九州の各支店
・茨城、埼玉、川口、千葉、柏、東京、西東京、木曽、静岡、敦賀
 小浜、福井、滋賀、新潟、南大阪の各営業所
・三郷、墨田、茅野、堺の各合材工場

労働安全衛生方針(OHSAS18001)