転圧コンクリート舗装(RCCP工法)

ローラー転圧コンクリート舗装(RCCP)は、通常の舗装用コンクリートよりも著しく水量を減じた超硬練りのコンクリートを、アスファルトフィニッシャーなどで路盤上に敷均し、これを振動ローラなどによる転圧で十分に締固めて高強度のコンクリート版とするものです。

特徴
  • アスファルト舗装と同様の舗設機械で施工するため、施工速度が早い。
  • 初期材令時の耐荷力に優れているため、短い養生期間で早期交通開放が可能です。
  • コンクリートの乾燥収縮量が小さいため、目地の設置間隔を大きくすることができます。
  • 型枠を用いない施工も可能であるため、版厚を自由に変えられます。
  • 経済性に優れています。


  当工法に対してのお問合せはこちら迄。 常盤工業㈱技術部 Tel:03-3262-9187