排水性舗装表面強化

排水性トップコート工法

排水性舗装は、交通安全や低騒音化へのニーズとともに高速道路から市街地幹線道路や駐車場などその対象も拡大し、今後ますます施工量が増大するものと予想されます。

排水性トップコート工法は、従来の排水性舗装(改質アスファルトを使用)に特殊な樹脂を散布し、強固な皮膜を形成させることにより、排水性機能を維持したまま、耐摩耗性や骨材飛散などに対する耐久性を向上させるものです。

特徴
  • 骨材の表面および接点に強靱で接着性に優れた樹脂硬化膜を形成し、骨材の飛散を効果的に抑制できます。
  • 樹脂硬化膜がアスファルトの流動変形を抑制し、空隙つぶれ・空隙づまりによる排水機能の低下を防止します。
  • 細かな骨材が路面に敷設されるためすべり抵抗、動摩擦係数が向上します。
  • 散布する樹脂は容易に着色が可能なため、カラー舗装化を同時に行うことができます。



  当工法に対してのお問合せはこちら迄。 常盤工業㈱技術部 Tel:03-3262-9187