透水性レジンモルタル充填工法

PRMS工法

透水性レジンモルタル充填工法(PRMS工法:Permeable Resin Mortal System)は、高耐久性、速硬性に優れた高性能レジンバインダーと特殊粒径の細骨材との組み合わせにより得られる透水性レジンモルタルを排水性舗装の表面骨材の間隙に充填する工法です。

排水性舗装の路面を強化し機能の維持・延命をはかるとともに、補修をも可能とする工法で、さらに高度なレベルの低騒音化の達成が期待されます。

特徴
  • 透水性の樹脂モルタルを排水性の表面に充填することにより排水性を維持したままで路面強化(骨材の飛散抑制)に効果があります。
  • 通気性(透水性)を維持したままで路面の平坦性が向上するため、低騒音性の維持、騒音の低減が可能です。
  • 細かな骨材が路面に敷設されるためすべり抵抗、動摩擦係数が向上します。
  • 骨材の選定による適度な空隙の存在のために、土砂による空隙づまりが抑制されます。



  当工法に対してのお問合せはこちら迄。 常盤工業㈱技術部 Tel:03-3262-9187