浅層地盤安定処理工法

スタビライザー

軟弱土と安定材(固化材)を専用のスタビライザーを用いて混合し、固化することにより地盤を改良する工法です。土と固化材の物性改良、水和反応およびポゾラン反応が固化原理となります。

道路の路床、路盤および仮設道路の安定処理を始め、構造物基礎地盤の改良、建設発生土の再利用等に有効な工法です。

特徴
  • 混合機(スタビライザー)は各種タイプがあり、最大1.2mまで対応できます。
  • 攪拌混合ローターは、低速回転にもかかわらず粘性土でも容易に粉砕攪拌されるので混合精度はきわめて良好です。
  • 低速回転のためタインの摩耗および土中の異物による損傷も少なく、きわめて経済的な施工が可能です。
  • 湿地用キャタピラーの足回りにより、軟弱現場でも十分能力を発揮することができます。
  • 攪拌ローターのスライド機構により、構造物があってもキワまで混合することができます。


  当工法に対してのお問合せはこちら迄。 常盤工業㈱技術部 Tel:03-3262-9187