超軟弱地盤改良工法

ソイルライマー工法

ソイルライマー工法は、高含水比、超軟弱のヘドロ地盤上を自力で走行できる泥上作業車をベースマシンとした混合機械で、混合深さ1.0~2.0mまで固化材と現地土を混合攪拌できる特殊攪拌翼を装備した安定処理機により軟弱土を固化処理する工法です。

使用する固化材は、石灰系、セメント系いずれも適用でき、また粉体でもスラリー状でも施工可能です。

特徴
  • 左右にポンツーンを装備しているため、接地圧は、9.8kPaと極めて小さい。
  • 河川、湖沼、浚渫などのヘドロの固化処理を始め、建設汚泥の固化、事業所汚泥(有害物等)の固化封じ込めに有効です。
  • スラリー混合の場合には、別途スラリープラントが必要です。


  当工法に対してのお問合せはこちら迄。 常盤工業㈱技術部 Tel:03-3262-9187